Social Distance

6月よりレッスンが再開しました!休会していたお友達も戻ってきて、楽しくレッスンを進めています。・コロナ前と全く同じという訳にはいきませんが、消毒、換気、マスク着用、距離の維持に気をつけながら出来る限り楽しいレッスンを行なっていきたいと思っています。

Read More

新型コロナ

神戸市や明石市でも5月末まで休校の延長が発表されましたね。世界を見渡しても、まだまだ余談を許せない状況ですが、5月6日以降の緊急事態宣言はどうなるのでしょう。 英国も未だに移動や外出に厳しい制限がかかっていますが、ロックダウンとはどんな感じなのか少し書いてみたいと思います。(あくまで、ウェールズの義両親の話ですので、地域や国によってロックダウンの内容には違いがあります。) ⚫︎不要不急ではない外出や集会は、場合によっては罰金措置の対象となり、警察官の姿を路上でよく見かけるようになったそうです。 ⚫︎外に出かけるのが許されるのは、食料を調達するあるいは医療サービスを受けるため。そのほかには1日1回、運動(走る、歩く、自転車に乗るなど)をするために戸外に出ることは許される。ただし、この運動も近所でのみ。車に乗ってわざわざ遠くへ出かけて散歩するのはNGだそうです。 ⚫︎一緒に行動していいのは家族や同居人のみ。子供同士が遊ぶのもダメ。他人とは2メートル以上距離を置くこと。3人以上の集まりは禁止。結婚式やお葬式も不可。同居している家族以外の家族や友人に会ってはいけないので、親が別のところに住んでいると会うことはできません。交際中や婚約中でまだ一緒に住んでいないカップルの場合、しばらく直接は会えないことになります。 ⚫︎開いているお店はというと、食料や日用品を売るスーパーや八百屋など、新聞やお菓子・飲み物などを売るコンビニのような店、郵便局、銀行(営業時間短縮)、鉄道やバス(運行サービスは縮小)。レストランやカフェは閉鎖されており、テイクアウトのみが営業をしています。 買い物ですが、ひと家族2人までが外出して買い物に行くことができ、店内の人数を少なくする為、入店人数制限があります。店によっては店内に入れるのは家族のうち1人だけというところも。まずは入り口に列を作り、係の指示に従いそれぞれ2メートルずつの距離を置く。今は買いだめも落ち着き、トイレットペーパーも含め、大体のものはいつも通りに揃っているそうです。 ほとんどのスーパーが高齢者の買い物用の時間を設定している(例えば開店から1時間)。支払いは、現金のやり取りは禁止の店が多いそうです。もともとカード決済が主流なのでこれななんの問題もないそうです。 ⚫︎また、学校ももちろん閉鎖されて、ほとんどがオンライン授業になっているそうですが、日本同様、NHS関連(医療関係)、警察、消防、物流関連の仕事の人たちの子どもは学校で預かってもらうことができます。

Read More

新年度の準備

Little Sheepのレッスンは今お休み中ですが、新年度に向けて準備を進めております。コロナの感染が落ち着き、一日も早く通常のレッスンができるよう願っています

Read More

母の日

母の日って、えっ、まだ先なんじゃ……?と、思いました?日本で母の日といえば5月の第2日曜日ですが、英国ではイースターの3週間前の日曜日が母の日なんです。今年2020年は、イースターが4月12日なので3週間前の日曜日にあたる今日が、英国の母の日「Mothering Sunday(マザリングサンデイ)」となります。そもそもイースター(復活祭)の日は、春分の日以降の最初の満月から数えて最初の日曜日と決められており、毎年日にちが変わるので、母の日もイースター の日に伴い毎年変わるといった具合です。私は、イースター は何となく意識しているのですが、まだイースター と母の日が関連づかず、ほぼ毎年過ぎてから思い出しています。(泣)今年は何とか思い出すことができ、義母にメールを送ることができました!以前ブログで書きましたが、英国ではカードを贈る文化が今でも継続されています。母の日にも「ありがとう」と感謝をこめたメッセージを書いて贈るのがメジャーですが、私たちはその準備には間に合わず、メールで失礼しました。その他、花束(カーネーションに限らず、受け取る側が好きなお花を選ぶ事が多いようです。)、ちょっとしたプレゼント、家族で食事に行ったりと、ママを喜ばせることは世界共通ですね。

Read More

春休み

引き続き各国でコロナが拡大する日々ですが、皆さんいかがお過ごしですか?我が家の子供たちは、オンライン授業を終え一昨日から春休みに入りました。ずいぶん前から旅行を予約していましたが、いたる国で入国制限がかかっているこの状況ではキャンセルしかありませんね。気持ち切り替え、お家やお庭で出来ることを楽しんでいこうと思っています。さて、この日常生活で使う何気ない「休み」という表現。英語でどう言うかご存知ですか?日本語では、「毎週末の休み」も「1週間の休暇」も「病気休暇」も「学校の長期休み」も、基本的には「休み」という一言で表せますよね。ですが、英語にはいろんな「休み」の表現があり、それぞれに使い分けられています。①Off (day off)off は「お仕事から離れている」ことに主眼が置かれています。1日の休みは a day off、2連休の場合は two days off と表現します。 ⚫︎Yay, tomorrow is a day off. (やった!明日は休みだ) ⚫︎I have weekends off. (私は毎週末が休みです。) 定休日もoffで言い表すことができます。⚫︎Little Sheep English is off

Read More

Fish and Chips

フィッシュ・アンド・チップスは、家庭、レストランやカフェ、パブ(public house)など、 いろいろなところで食べられているイギリスを代表する伝統的な料理の一つです。もちろん子供も大人も大好きです。使われる魚はタラなどの白身魚が多く、ベーキングパウダーの入った薄力粉、ビールを入れた衣でカリッと揚げたもので、日本でいう天ぷらのようなものです。 ベースとなる魚として一般的には北海で取れる「タラ(Cod、Haddockなど)」の切り身が使われますが、店によってはカレイをつかうこともあります。・「チップス」とはポテトチップスではなく、いわゆるフライドポテトのことです。私たちがよく使うフライドポテトは和製英語なので、海外では通じないか、もしくは油で丸ごと揚げた芋という意味で伝わってしまいます。—・🇺🇸アメリカではFrench fries(フレンチフライ)、もしくはFries。・🇬🇧英国(オーストラリア/ニュージーランドも)ではChips(チップス)です。英国でフライドポテトをチップスと言っているのなら、ポテトチップスは何て言うのか疑問がわきませんか?—・🇺🇸アメリカでは私たちと同じChips(チップス)です。・🇬🇧英国ではポテトチップスのことはCrisps(クリスプス)と言います。Fish and Chipsを食べる時、英国の人たちは一般的に、麦芽を原料にしたモルトビネガーをかけて食べるのがお気に入りの食べ方です。お酢よりマイルドなので、私もこれをかけて食べるのは大好きです❤️。

Read More

4月に向けて

昨日土曜日が今年度の最終レッスンでした。この1年間、みんなと一緒に楽しい英語時間が過ごせた事を嬉しく思います。・約2週間後には新年度の新しいクラスが始まります。4月からも子供達の笑い声と笑顔がたくさんの年になるよう、頑張っていきたいと思います。・まだ数席空きのあるクラスもありますので、興味のある方は是非お問い合わせくださいね。

Read More

それぞれの対応

神戸市の学校園は休校延長で、お隣の明石市は月曜から登校が決まりましたね。お隣の市でありながら、対応が違うのも不思議ではありますが、引き続き一人一人がしっかり状況を把握し行動することが大切ですね。さて、我が家の子どもたちの学校はどうですかと質問を頂くのですが、うちの子供たちは18日の学年末最終日までオンラインクラスに切り替わり、家庭でiPadを使い授業を受けています。朝9:00〜3:30まで、オンラインでのライブ授業や、各々に出された課題に取り組み、仕上がったものを送信して添削してもらったりと、学校には行けませんが先生のサポートのもとしっかりとした学習機会が確保されています。もちろん、こうしたリモートラーニングにすぐ移行できるのは、ほとんどのインターナショナルスクールが普段から学校現場で徹底したテクノロジー教育を行なっているからだと思います。子供たちは、日頃から1人1台パソコンやタブレットを持ち、クラスの中や家でオンライン上で課題や宿題を行うことに慣れているので、大きな問題なく対応ができています。他の国と比べてもしょうがないのですが、先進国の中で日本だけが教育現場でのICT度が著しく低く、ICTを活用したリモートラーニングの仕組みが整っている学校も多くありません。各国の教育へのICT活用環境調査によると、日本の順位は48カ国・地域中で下から2番目という低さだそうです。今回のコロナウイルス感染のような非常事態が起きた場合はもちろん、地震や毎年被害を受ける台風など自然災害の多い日本において、こういったICTを活用したリモートラーニングの仕組みは早急に教育現場に投入していかなければならないと思います。また、休校になった場合の学習支援の方法や、親が仕事を休むことができない問題など、政府の支援や対策がとても乏しく保護者の負担がとても大きいと感じています。他の国では、将来を担う子どもをもっと大切に考えており、例えば多くの親が仕事の為に外出する必要がないよう、もう少しサポートがあるそうです。まだ当分、家で過ごす時間が多くなりそうですね。学年の変わり目なので片付けをしつつ、お家でできることを楽しみたいですね。

Read More

日本人が持つ発音へのこだわり

コロナウイルスの拡大が続く中、みなさんいかがお過ごしですか?私も対応に追われ、バタバタとした日々を送っていました。・新年度を迎えるにあたって、いろいろ問い合わせもあり、その中で英語学習での発音に関する質問を頂いたので、この機会に発音問題について書きたいと思います。(あくまでもLittle Sheep としての思いです。)小さいうちから英語教育をするママ・パパの中には、「ネーティブのように綺麗な英語を発音させたい」と思う人が多いのかもしれません。確かに小さいうちから英語に触れる環境にいると、ネーティブの発音を習得する確率は高まりますし、身に付けられるに越したことはありません。ただ、急ピッチで国際化社会が進んでいる中、必ずしもそれを第一に考える必要は無いと思います。というのも、実際に海外の人たちと英語で話すときに大事なのは、発音がきれいかどうかよりも、円滑なコミュニケーションが取れているかの方が大切だからです。相手の状況や心情を推察し自分の考えをはっきりと言えるか、相手の言語状況に応じてゆっくりはっきりと分かりやすく伝える事ができるか、といったことのほうが重要です。日本人は一度言ってみて通じなかった時、「あっ、私の発音が悪いから通じないんだ」とすぐに思い込み、そこで恥ずかしくなり諦めてしまう傾向にあります。もちろん発音が問題な場合もありますが、通じない原因は声の音量が足りなかったり、早口だったり、モゴモゴ喋っていたりと他にある事が多いんです。日本に住んでいる人種がほぼ日本人の私達には想像しにくいのですが、他の国は多様性にあふれています。人種、国籍、言語、いろんな事や人が融合して成り立っています。ですので、他国の人は日常的にいろんな発音の英語に聞き慣れているので、多少発音がどうれあれ、そんなことはさほど気にしていないんですね。日本人は発音やどう見られているかばかりを気にして、肝心な相手に伝えようという努力をしない。すぐに自己嫌悪に陥って諦めてしまいガッツがない。と思われています。綺麗な発音に近づこうとする気持ちや努力は大事ですが、発音ばかりに囚われていて臆病になって尻込みしていては本末転倒です。「ジャパニーズ・イングリッシュ」を恥じる必要はありませんよ。1番に大切なのは気持ちです。

Read More

ウェールズ語で数を数えよう

前回はウェールズ語の色をご紹介しましたが、今回はウェールズ語の数字です。・リトルクラスやトドラークラスの小さい子は本当に耳がよく、Steveの言うウェールズ語もサラっとマネしてしまいます。小学生は苦戦していました。

Read More