fbpx

February 14

英国の料理

0  comments

英国の料理

みなさんは、英国の料理にどのようなイメージが浮かびますか。 フィッシュ&チップス?ミートパイ?ローストビーフ?
同じヨーロッパでもフランス料理やイタリア料理と違い、英国の食文化の評判はあまりよくないのではないでしょうか。

英国料理は、単純に肉を鍋で煮込む、あるいはローストするといった料理法が多く、「料理に手間ひまをかけるなんて時間の無駄」という考えがあるようです。

ですが、朝食となると話は別。
英国料理の代表、“イングリッシュ・ブレックファスト”は有名です。
皮肉たっぷりな文体で知られる英国作家、ウィリアム・サマセット・モームが「英国で美味しい食事をとりたければ朝食を三度とればいい」と言ったそうですよ。

定番の「イングリッシュ・ブレックファスト」といえば、ベーコンやソーセージに目玉焼き、大豆をトマトで煮たベイクド・ビーンズ、トーストにハッシュドポテトなどがワンプレートにどっさりと盛られています。

確かに、この朝食はボリュームがあって美味しいのですが、今では平日にこれだけ重い朝食を食べる人は稀で、普段はシリアルやトーストなどで軽く済ませて仕事や学校に出かけます。
ただ、休日にはレストランやパブで、ブランチを兼ねて今でも英国式朝食を楽しむ人が多いです。
値段は800円〜1500円くらいでしょうか。
機会があればぜひお試し下さい♪

Loved this? Spread the word


About the Author

steven clancy

Related posts

Little Class

​Read More

嬉しい出来事

​Read More

夏は終わったけれど…

​Read More
Leave a Repl​​​​​y
{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}